前回の魔女焚きブログから気づけばすでに5月。

なかなか新しい企画が立てられなくてごめんなさい。
毎年GWや夏至が近づくとスピリチュアルな場所やパワースポットなど出かけたくなります。

先月、ホタルイカの身投げが見たくて富山に行ってきたのですが。。。

魚津 


ずいぶん大きなホタルイカかと思ったら、羊の木の”のろろ様”?がそこにありました。
ある意味パワースポットです(笑)

昨年同様、子供中心のパワースポットが続き体力(エネルギー)を消耗して、笑顔のパワーを頂くこともとても素敵なことなのですが、時々誘導瞑想の内的エネルギーを使って仮想空間で自己実現をすることが恋しくなったりもします。

この内的エネルギーを使わないでいると人間は自分自身の外的と内的がどんどん離れていってしまい、自分がどのように行きたいか、もっと離れるととどうしたいか分からなくなります。
自分の内的外的が乖離(離れて)していけば、自分はとても傷つきやすくなります。

外的には、足の小指をタンスの角でぶつけたり、火傷したり、木にぶつかったり、内的には、上手く笑えなかったり、病気になったり、耳が良く聞こえなくなったり、アレルギー反応を起こしたりします。

何か衝撃的なことがあって、例えばペットがなくなったとか多額の借金を背負ってしまったとか自分が思いもよらない事態によって離れてしまったのであれば正常な状態に戻すのは意外と簡単ですが、すでにある日常の長い時間の結果、離れていってしまった内的外的はなかなか簡単にはくっついてくれません。

そうなってしまうと自分自身を正常な状態に取り戻すには内的外的の融合ぴったりあわせることが必要になるのですが、そこで必要なのがのろろ様のお力!じゃなくてヒーリングの力です。

ヒーリングときくと何か癒す特別な力と思う人がいるかと思いますが、別にヒーリングが特殊能力ではありません。ヒーリングは誰でもできますし、ヒーリングを誰かにすることもできれば自分自身に施すこともできます。
ヒーリングを”起こす”には、その状態がどのようになっているのか正確に観察しなければなりません。内的外的の離れてしまっていることが正確に感じ取れていなければなりません。
またここで正確に状態を読み取ることに特殊能力がいるんじゃないかと思う人がいるかもしれません。でも、その”正確に”読み取ろうと絶対間違っちゃいけないと思うことに気を取られては正確に読み取れないんです。

最初は、外的から入ってください。最近、よくぶつけるんだよねーとか慌てたら火傷しちゃった、料理していたら指を怪我した、など外的事象が続いたら内的との距離がないか観察してみてください。
最近全く達成感を感じられなくなった、テレビを見ても笑えないとか、自分の内側が静かになりすぎていないかどうか見てみてください。自分を診ることはそんなに難しいことじゃありません。

ここまで自分を静観して正確に見ることができたら、そんな状態だったんだと気づいてあげてください。ゆっくり深い呼吸をしながら今自分の状態がそうなっていて、こんなに内的外的の自分が離れていたんだと気づいた瞬間、ヒーリングは起こり癒されるはずです。

ヒーリングは今そこにある自分の状態に気づくことにあります。
気になった方は是非試してみてください!!






2018.05.20 / Top↑