上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今年は、季節の感覚はめちゃくちゃで秋かと思ったら今日は台風一過、30℃越えの暑さになりました。
出かけたくなるような気候なのに何だか元気がない人は多いんじゃないかと思います。

以前、私の著書に『9月の魔』について書いたことがあったのですが、いつでも9月は波乱が起きる可能性をはらんでいます。
現在でもエネルギー的に見て、地球のエネルギー、人類のエネルギー、栄枯盛衰の活動エネルギーはお互い影響しあって変調しています。

それが人間の場合、どういう訳か突然の方向転換や無意味な(と思える)行動に出たりします。

先日、近所で事故が起きました。商店街の駅近く、よく車が渋滞する場所ですべての車はのろのろ運転で走っていました。
道はカーブしていて、人通りもありスピードなど出せるところではないはずなのですが、対向車をよけようとした車が1台、急なハンドルを左に切ったせいで左側にある店に突っ込みました。
ほぼ90度に近いハンドルの切り方です。

あいにく店は、一時休業中だったためシャッターだけが下りていて店に人はいませんでしたので一般人を巻き込む惨事にはならなかったのですが、なぜあんなに急な角度のハンドルが切られたのか不思議でなりませんでした。

人間が魔が刺すとき、気候の変化で神経が変調していつものような行動が取れない場合もありますし、年の前半に起こったことの処理ができていなくて、気がそぞろになり行動を失敗してしまうこともあります。
気候や人間関係、生活の問題、それ以外にもその場所、その月のエネルギーの影響も多くはないですがあります。
特に体調が気候で変化するとき、人はそれ以外にいつもは感じる事が少ないエネルギーを敏感に感じ取ってしまう時期なのです。

自分を振り返り、次のステップへの構想を練るにはとてもいい時期です。
普段感じられることが少ないエネルギーを感じて、自分に取り入れるには豊かさにつながります。
この構想段階の種は、冬を越し春になる頃にはっきりと自己覚醒につながります。

何かしたいのにやる気が出ない人ややっても空回りしてしまう人は、いつもよりたくさんの些細なエネルギーを感じてしまうため、普段よりも多くのパワーを消耗します。
いつもより休息を多めにとったり、特に目から入る情報は、処理に時間がかかるためいつもよりも目を多く閉じ、新聞やテレビなどを消すなどして他の部分にパワーを配分するようにすれば元気が戻ります。

9月が終われば、場所が影響するエネルギーや月の影響するエネルギーは減っていきます。
今月もあと2週間、いつも元気でいたいものです。


スポンサーサイト
2017.09.18 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。