上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSC_0190 (1)_R

今年もやります!魔女焚き。(写真は昨年)

夏から秋にかけては、あーちゃんのイベント目白押しで夏祭り→幼稚園探し→面接→七五三と
いろいろありましたが、幼稚園探しは意外に楽しかったです。
早いところだと6月くらいから入園説明会なるものがありますが、麻璃凛は9月ぐらいからはじめました。入園説明会に行くと子供に対する考え方が違う人たちがたくさんいるのでどれもいい意味でも悪い意味でもよく参考にさせていただきました。

子供のためとはいえ、その子の将来を左右する環境を整えることってなかなか責任あるよね。
かなり自分でも幼稚園選びに没頭してた気がします。

魔女焚き、今年もみなさんの来年の幸福を願って焚き上げたいと思います。
麻璃凛自身は、昨年の願い事はほぼ叶ったかな。
内容もそんなに難しいことじゃなかったというのもあるかもしれませんが、叶わないときは全然ダメだしね。落ち込んでばかりになっちゃうよね。

今年を振り返ると、”彼氏が自分をあまり理解してくれない”とか”彼の考えていることが見えない”とかコミュニケーションのすれ違いの相談が多かったな。
自分なりにがんばるってことって自分の中で完結するから彼の期待する自分のがんばりとかけ離れているとなかなか評価してもらえないっていう話なんだけど、これは結果だけ見ての話になるとお互いに苦しい現状になるよね。

「がんばったけどできなかった」、「がんばって自分なりにできたと思う」が、彼氏が受け入れない場合は、いったん離れる方がいい。
人によって違う部分もあるけど、オーラ的にいうと

「がんばってる状態」→オーラが閉鎖的で硬い

これではオーラ自体がお互いに交流することはできず、同じ次元で相手のがんばっているレベルに立てなくなるんだよね。

「じゃ、がんばらなければいいのか、でもがんばってる(風にでも)見せないと相手に手を抜いてると思われるからできない」と考えて評価されないのに閉鎖的なオーラを続けてしまうと次には溝ができ始める。

いちばん早い話、がんばらない。また、がんばってます!と見せようとするとき空元気(からげんき)な肉体状態であることが多い、ゆっくり体を休め怠けてると言われようが栄養のあるものを食べて静養することが大事です。

がんばらない方がメリットが多いことを意外に知らない人は多い。
本当にがんばらなきゃいけないのは、自分が後悔しないようにすることをがんばんなきゃいけない。

相手のためにがんばっても相手は見てるようで全然見てないし、最初から自分のことを100%知ってるわけじゃない。もっと力を抜いて生きていてもいいんじゃないかな。

【願い事を叶える冬至の魔女炊き】

 1.紙(何色でもいい)に緑のペンで願い事を書きます。
 2.願い事の最後のくくりに名前と生年月日を書きます。
 3.書いた紙を小さく折り、黒い紙で包み中が見えないようにします。
 4.簡単に開かないように周りに糊をつけるなどして密封します。


 この状態で麻璃凛の方に送ってください。
 1口1000円で承ります。
 願い事は1人何口でもできますが、郵便の際重量に注意してください。


お支払い方法は、クオカード・アマゾンカード・銀行振り込みなどで受付けます。
魔女焚き希望の方は、サロンまで送ってください。

サロンの住所はこちら→MANA&TREE アクセス
魔女焚きについてのご質問はこちら→ お問い合わせ・ご質問
※項目は適当にチェックしてください

スポンサーサイト
2016.11.25 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。