IMG_6596.jpg

春分の日に茅ヶ岳に登ってきましたわ。
最近、予約があんまりこないのでウォーミングアップはじめました。
20日は天気にも恵まれ、私的には良い登頂でした。

しかし、同行した山の神はもっと素晴らしい銀世界を見せたかったようで
どういう訳か牛乳に浸したクリームパンを黙々と食べていました。
(何のことを言っているのか分からないと思いますが、ネタ的に書き残しておきたかったのでご勘弁ください)

山ノ神は、前回の富士五湖脇の三方分山登山の際にも同行してくれて、山についていろいろ教えてくれます。
教え方があまりもなので聞き方に心得が必要なのですが、とても楽しい人です。


IMG_6625.jpg

登山ではよく道ですれ違ったり、追い抜かれたりする際に挨拶を交わすものです。
挨拶だけで終わるのは素人で山ノ神となると「山頂はどうだったか?」「どこからきたの?」と
可能な限りの情報を収集することは、自然を相手に活動するにはごく当たり前に必要みたいです。

IMG_6572.jpg

人と上手にコミュニケーションとるのって、やっぱり難しいと感じるものなのかな。
自分が相手にどういう風に自分を見てもらいたいかの前に相手がどういう人なのかを
気にするあまり、観察ばかりして関係が進まないことが多いようで。

特に恋愛なら相手がどんな人なのか気になるのはわかりますが、まずどういうところが
気になるのかが、整理できてないと自分自身も相手を見極めるのにどこをポイントとして
みたらいいか、分からなくなると思うんですよね。

まだ付き合ってもいないのに知り合ったこの男性は浮気するタイプですか?とか
聞いてくる人がいるんだけど、浮気するタイプだったら好きにならないのか?と
つっこみたくなります。

そんなに好きって気持ちを自分の人生の将来性のために抑えたりできるのか?と
思ったりします。
相手が浮気性の人だったとしてもそれを変えるだけの影響力をもってガチで当たって行けば
相手の性格も気性も変わってきたりするのもなのに・・・なんかね。

人にはオーラっていうエネルギーフィールドがあってね、そのオーラの部分が相手のオーラと
重なったりすると言葉を交わさなくてもその人の情報が交換されて、長い時間一緒にいれば
いるほど相手を理解できるようになるんだよね。
これが私の良くいう影響力ってやつなんだけど、恋愛相談で相手の気持ちを自分に向けたいのなら
一緒にいる時間を増やせという理由がこれです。

一緒にいれば、たとえば食事するときなら隣同士、公共の場や人がたくさんいるところなら
なるべく近くに完全個室の2人っきりならそれでOK
でもなるべくオーラが重なるくらいの30cm以内くらいがいいね。

正面に向かい合わせだと情報を交換する流れが止まることがあります。
正面は相手も自分も警戒するんだよね。
だから隣とか背中合わせとか松葉崩しとかいいよね。

相手を気を自分だけに向かせる?って”だけ”っていうのは難しいと思うんだよね。
誰だって社会生活している中でバランスをとりながら生きているんだから
その中でも自分の存在を意識していてほしいってくらいなら可能だと思う。

『私のことを考えろー考えろー』って念じればいいんだよ。


2012.03.21 / Top↑