いつの間にか12月になってしまいました。
10月の長雨や幼稚園で流行まくった咳風邪、あーちゃんと私で感染しまくって何度も風邪を引いてしまいました。
最近のあーちゃん成長著しく、今まで何を書いたかわからないおえかきの絵がちゃんと人の顔になっていて色使いも髪の毛も書いたりしてずいぶん変わったなぁと日々感動の連続です。

また、幼稚園のママたちも私的には面白くてついつい自分から話しかけてしまいます。
子供を通じた付き合いというこの感覚は、なんだか逃げ道がたくさんあって都合のいいところだけで付き合うことができるので今のところ楽でとっても楽しんでます。

早速ですが、今年も魔女焚きの募集をいたします。

【魔女焚きとは】
陰のエネルギーが最大になりここから立春に向けて徐々に陽のエネルギーが高まっていくこの流れに自身の願い事を乗せる儀式です。
この儀式は、ウィッチクラフトの方法に則り正統に施し最大の効果を狙って行っています。



【願い事を叶える冬至の魔女炊き】

1.紙(何色でもいい)に緑のペンで願い事を書きます。
  できれば、新品のペンをこの願い事を書くことだけに使ってください。
 
2.願い事の最後のくくりに名前と生年月日を書きます。
  願い事は自分に関することなら1枚にまとめて書いても結構です。
  自分以外の人の願い事を自分が成り代わって書く場合は、別紙にしてください。

3.書いた紙を小さく折り、黒い紙で包み中が見えないようにします。
  セロテープは使わないでください。
  小さく折った方が早く燃えると思ったのですが、小さすぎると空気が入らない
  ため燃え残ってしまいますのであまり小さくがんばって折らなくても良いです

4.簡単に開かないように周りに糊をつけるなどして密封します。

締め切りは 12月19日【火】


 この状態で麻璃凛の方に送ってください。
 1口1000円で承ります。
 願い事は1人何口でもできますが、郵便の際重量に注意してください。

【送り先住所】
目黒区中根2-1-15サウスサイド都立大202

【お支払い方法】
クオカード アマゾンカード 銀行振り込み など

質問などお気軽にどうぞ
 お願い事の書き方(過去日記)
 メールフォーム


 

2017.12.02 / Top↑
20161221

魔女焚きのたくさんのご参加ありがというございました。
今を生きていく中で迷うことや思い悩むこと、たくさんあると思います。
みなさんが、人生をショートカットできるよう、その思いを早く実現できるよう
今年もみなさんの”大切な思い”を1枚1枚焚かせていただきました。




みなさんの”願い”が叶いますように♪

追加で21日に間に合わなかった方のために再度、次の新月
12月29日にもう一度行うことにしました。
昨年同様、節分にも焚きますがもし魔女焚きを兼用中の方どうぞ送ってください

2016.12.24 / Top↑
DSC_0190 (1)_R

今年もやります!魔女焚き。(写真は昨年)

夏から秋にかけては、あーちゃんのイベント目白押しで夏祭り→幼稚園探し→面接→七五三と
いろいろありましたが、幼稚園探しは意外に楽しかったです。
早いところだと6月くらいから入園説明会なるものがありますが、麻璃凛は9月ぐらいからはじめました。入園説明会に行くと子供に対する考え方が違う人たちがたくさんいるのでどれもいい意味でも悪い意味でもよく参考にさせていただきました。

子供のためとはいえ、その子の将来を左右する環境を整えることってなかなか責任あるよね。
かなり自分でも幼稚園選びに没頭してた気がします。

魔女焚き、今年もみなさんの来年の幸福を願って焚き上げたいと思います。
麻璃凛自身は、昨年の願い事はほぼ叶ったかな。
内容もそんなに難しいことじゃなかったというのもあるかもしれませんが、叶わないときは全然ダメだしね。落ち込んでばかりになっちゃうよね。

今年を振り返ると、”彼氏が自分をあまり理解してくれない”とか”彼の考えていることが見えない”とかコミュニケーションのすれ違いの相談が多かったな。
自分なりにがんばるってことって自分の中で完結するから彼の期待する自分のがんばりとかけ離れているとなかなか評価してもらえないっていう話なんだけど、これは結果だけ見ての話になるとお互いに苦しい現状になるよね。

「がんばったけどできなかった」、「がんばって自分なりにできたと思う」が、彼氏が受け入れない場合は、いったん離れる方がいい。
人によって違う部分もあるけど、オーラ的にいうと

「がんばってる状態」→オーラが閉鎖的で硬い

これではオーラ自体がお互いに交流することはできず、同じ次元で相手のがんばっているレベルに立てなくなるんだよね。

「じゃ、がんばらなければいいのか、でもがんばってる(風にでも)見せないと相手に手を抜いてると思われるからできない」と考えて評価されないのに閉鎖的なオーラを続けてしまうと次には溝ができ始める。

いちばん早い話、がんばらない。また、がんばってます!と見せようとするとき空元気(からげんき)な肉体状態であることが多い、ゆっくり体を休め怠けてると言われようが栄養のあるものを食べて静養することが大事です。

がんばらない方がメリットが多いことを意外に知らない人は多い。
本当にがんばらなきゃいけないのは、自分が後悔しないようにすることをがんばんなきゃいけない。

相手のためにがんばっても相手は見てるようで全然見てないし、最初から自分のことを100%知ってるわけじゃない。もっと力を抜いて生きていてもいいんじゃないかな。

【願い事を叶える冬至の魔女炊き】

 1.紙(何色でもいい)に緑のペンで願い事を書きます。
 2.願い事の最後のくくりに名前と生年月日を書きます。
 3.書いた紙を小さく折り、黒い紙で包み中が見えないようにします。
 4.簡単に開かないように周りに糊をつけるなどして密封します。


 この状態で麻璃凛の方に送ってください。
 1口1000円で承ります。
 願い事は1人何口でもできますが、郵便の際重量に注意してください。


お支払い方法は、クオカード・アマゾンカード・銀行振り込みなどで受付けます。
魔女焚き希望の方は、サロンまで送ってください。

サロンの住所はこちら→MANA&TREE アクセス
魔女焚きについてのご質問はこちら→ お問い合わせ・ご質問
※項目は適当にチェックしてください

2016.11.25 / Top↑
DSC_0190 (1)_R

皆さんのたくさんの思い、しっかりと託され昇華しました。

燃えやすい燃えにくいということもありますが、めらめらと燃える炎をみるとなんがムラっとくるのは、まだエロいからなんですかね。

DSC_0196 (1)_R

お願い事の紙は30通くらいあったかな。結構時間かかってしまいました。
今日到着したお願い事やこれをみて魔女焚き希望の方は、引き続き送ってください。
お願い事の内容は、なるべく今日中に考えてね、。

ありがとうございました!!
2015.12.22 / Top↑
冬至の魔女焚きを募集したところ、とても反響があり驚いております。

これは私が、透視を覚える前の占い師時代によくやっていたことで簡単なことならよく叶っていました。
が、やはり相手のあることや自分自身の成長の問題となるとなかなか叶わないのでいろいろと書き方や願い方を研究し、麻璃凛なりの方法論を編み出しました。

これをまた他の人が適用するとどうなるかは、情報不足なのでわかりませんが自分を軸に見た周囲の出来事をうまく整理できればいい願い事の書き表し方ができると思います。

今回、書き方の質問で多いのが”結婚について”ですが、結婚という言葉は社会の秩序の中で作られた契約であってこの中には相手の感情などは引き継がれません。
結婚という言葉を使ってもいいのですが、相手の気持ちや2人の関係を織り交ぜてお願いをするのが一般的だと思うので”素敵な人と巡り合い、末永く一緒にいられる関係が続きますように”のような感じかなと思います。

とはいえ、人間の感情はよほど訓練ができている人でない限り揺らいで変わりやすいものです。
末永くいられる人と出会っても自分自身の思う努力が足りなかったりすれば結果的に末永くならなかったりします。

当時、麻璃凛は結婚のお願い事をしたとき「相手を知りたいと思うことが多い人と出会いますように」とだけ願い今の人と結婚しました。実際、出会った当初はそんなに見た目や声、雰囲気などに惹かれたりはしなかったのですが、ある一点がすごく気になって会うようになりました。そこから結婚へと発展していきます。

話は戻りますが、冬至まで日数が迫っております。
魔女焚きを希望しているが、間に合わないという方に朗報です。

ふつう、魔女焚きは冬至の始まりに焚くのですが陰の期間(冬至から節分まで)の終わりにも儀式の締めで焚きます。
間に合わなかった願い事は、2月3日にも焚くことができますのでお申込頂ければと思います。
だからといって1月も願い事を考え続けていいのではなく、冬至前までに考えて作成してください。
送っていただいた願い事はこちらで節分まで保管し、然るべき2月3日に焚きます。

2015.12.18 / Top↑